新型サーマクールの美容効果

サーマクールは切らずにたるみの治療ができるとして2002年に登場して以来10年以上に渡り実績のある美容系医療機器で、新たに改良が加えられたことでより快適な照射技術が実現されています。



その内容は、まずフレームチップに於いてより組織を均一に加熱することができ、従来のタイプと同じ出力でありながら長時間高温を保つことができ為より肌の深部まで安定した光を届け高い温度で効率的に引き締めを行うことができます。


また、照射時の痛みに関してはバイブレーション機能が新たに搭載され肌に振動を与えながら照射を可能とし、高周波RFの照射パルスと冷却パルスを組み合わせることで痛みや熱感が緩和されてます。


そして新型サーマクールの美容効果については、従来のタイプと同様に顔部分に於けるほうれい線や額のしわ、目周辺の小じわや唇のしわまた首のしわや小顔など肌の引き締め効果と輪郭改善効果が主になっています。



特に高温で且つ安定した光を均一に照射できることから、皮下組織内のコラーゲン線維を5〜35%を熱により収縮させ、皮下脂肪内の繊維隔壁も同時に収縮させることからたるみ部分を引き締めるだけでなく全体的な輪郭の改善も図れます。


そして、これらの美容効果に関しては即効性があることがサーマクールの特徴であり、更に長期的に照射によってコラーゲン線維にダメージを与えることからその修復過程で新たなコラーゲンを再生し、より個々に最適な肌状態を作り出すことが可能となっています。