美容皮膚科、外科で行う最新のたるみ治療

加齢による皮膚や皮下組織、筋肉の老化により顔に「たるみ」ができます。美容皮膚科や美容外科といった医療機関では、そういった「たるみ」の治療を行っております。



たるみ治療の方法については、美容外科手術や糸による治療、注入治療、医療機器による治療などに分けることができます。

美容外科手術は、余分な皮膚や脂肪を切除し、筋肉の緩みを引き上げ、根本的にたるみを解消する治療です。


糸による治療は、スレッドリフトといい、引掛かりのついた溶ける特殊な糸を挿入し引き上げる治療法です。



医療機関によっては、糸の引掛かりの形状や糸の本数等に工夫を加えてよりきれいに、より効果が持続するようにしています。
注入治療においては、ヒアルロン酸やレディエッセ、自身の脂肪などを注入し、たるみを緩和させる治療を行います。それから医療機器によるたるみ治療ですが、最新の医療機器としては、サーマクールやウルセラがあります。サーマクールは、肌の基盤となる真皮層に高周波を照射し、コラーゲンの増生や皮脂分泌の抑制を行うことにより美容外科手術並みのたるみの改善を行うことができます。



しかも、効果は手術並みであるにもかかわらず、痛みやダウンタイムは殆どなくメリットの多い治療法です。
ウルセラについては、超音波を照射し皮膚の深部にある表在性筋膜まで熱を伝達することができ、サーマクールよりも、さらに効果のあるたるみ治療ができます。また、医療機関によっては、サーマクールとウルセラを組み合わせることにより、より効果の高い治療をしています。